Action Kanagawa

ホーム » レポート » 神奈川憲法アカデミア・シンポジウム「戦争法案を問う」

神奈川憲法アカデミア・シンポジウム「戦争法案を問う」

長いですが、それぞれ興味深い、内容の濃いレクチャーです。是非ご覧ください。押し迫った状況に永山さんは「展望」を語ってくれています。「武器移転」に焦点を絞る事によって平和を獲得する小野塚さんの論は斬新です。横須賀からの視点で戦争法案を見るリアリティを呉東さんが話しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神奈川憲法アカデミア・シンポジウム

戦争法案を問う – 国家・地域・経済の視点から –

日時:2015年7月11日 13:30

会場:ワークピア横浜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

報告

「安保法制と憲法」永山茂樹さん(憲法学・東海大学教授)

「 現代日本の軍事と経済―兵器はなぜ容易に広まったのか―」小野塚知二さん(経済史・東京大学教授)

「基地の町横須賀から見える憲法9条と人権の危機」呉東正彦さん(弁護士・原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会共同代表)

パネルディスカッション

コメンテーター阿部浩己さん(国際人権論・神奈川大学教授)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

配布資料(PDFファイルをダウンロードできます)

>永山茂樹さんレジュメ

>小野塚知二さんレジュメ

>呉東正彦さんレジュメ

>横須賀市民アンケートリーフレット

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

趣意

昨年、政府が閣議によって集団的自衛権容認をうちだし、現在の国会で戦争法案を上程して成立をめざしています。しかしこの間、この法案のはらむ大きな問題がますます明らかになりつつあります。

わたしたちはこの法案の問題をどのようにとらえ、また、どのように行動すべきでしょうか。神奈川県の大学人有志のつどいである当「神奈川憲法アカデミア」は、憲法学の永山先生と軍事と経済の関係をめぐる問題に詳しい小野塚先生、県内のアメリカ軍基地・原子力空母問題にとりくむ呉東弁護士にご報告をお願いして、シンポジウムのかたちで問題について話しあい考える機会を設けます。 関心をお持ちのすべてのかた、特に神奈川県内にお住まいのかたすべてに参加をよびかけます。どうぞふるってご参加ください。(告知文より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パネリストプロフィール

永山 茂樹(ながやま しげき)

1960年、神奈川県横須賀市生まれ。一橋大学法学部、同大学院。現在、東海大学法科大学院教授。青年法律家協会全国議長。「「戦争法」が狙うもの」(『法と民主主義』2015年4月号)など。

小野塚 知二(おのづか ともじ)

東京大学・経済学研究科・教授。博士(経済学)。横浜生まれ。研究分野は西洋社会経済史、労務管理史、食文化史、音楽社会史、第一次世界大戦 史、武器移転史。おもな著書:小野塚知二編『第一次世界大戦開戦原因の再検討 ―国際分業と民衆心理―』岩波書店、2014年、横井勝彦・小野塚知二編著『軍拡と武器移転の世界史 ―兵器はなぜ容易に広まったのか―』日本経済評論社、2012年、奈倉文二・横井勝彦・小野塚知二『日英兵器産 業とジーメンス事件 ―武器移転の国際経済史―』日本経済評論社、2003年、小野塚知二『クラフト的規制の起源 ―19世紀イギリス機械産業―』有斐閣、2001年.

呉東 正彦(ごとう まさひこ)

横須賀市民法律事務所にて弁護士活動をするかたわら、原子力空母の横須賀母港化を考える市民の会共同代表、原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会の共同代表を務め、基地問題に取り組んでいる。

阿部 浩己(あべ こうき)

神奈川大学法科大学院教授。専門は国際法・国際人権法。現在、国際人権法学会理事長、川崎人権施策推進審議会会長、ヒューマンライツ・ナウ理事長など。主著に『国際法の人権化』『国際法の暴力を超えて』『沖縄から問う日本の安全保障』など。

中西 新太郎(なかにし しんたろう)

神奈川憲法アカデミア共同代表。1948年生。鹿児島大学教育学部勤務を経て、1990年~2014年、横浜市立大学勤務。現代日本社会論・文化社会学専攻。主な編著書、『「問題」としての青少年』大月書店、『キーワードで読む現代日本社会』旬報社等。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神奈川憲法アカデミアは、改憲問題を批判的に考える催しを企画している、県内の大学人の有志によるグループです。共同代表:中西新太郎横浜市立大学名誉教授・久保新一関東学院大学名誉教授

問い合わせ先:山根徹也(横浜市立大学准教授) yamane★yokohama-cu.ac.jp(★→@)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考リンク

神奈川憲法アカデミア2014/「安倍政権は何をめざすか」杉田敦(法政大学教授)

神奈川憲法アカデミア2014/「安倍政権と日本社会の行方」青井未帆(学習院大学教授)金子文夫(横浜市大名誉教授)高嶋伸欣(琉球大学名誉教授)

神奈川憲法アカデミア2013/「私たちの選択ー憲法学の立場からー」 永山茂樹

神奈川憲法アカデミア2013/「生存権が保証されぬ現実の前で憲法は無力となるー若者の窮迫をどうとらえるか」 中西新太郎

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Archives

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。