Action Kanagawa

ホーム » ニュース » 「海老名マネキンフラッシュモブ裁判」がはじまった

「海老名マネキンフラッシュモブ裁判」がはじまった

8月8日の第1回口頭弁論の傍聴席は原告側41人、被告側4人の傍聴人で埋まった。双方の弁護士、代理人が声を荒げる場面もあり、「面白い」裁判だ。行政の恣意的な運用で「表現の自由」等、人権と民主主義が脅かされる例は海老名だけでなく各地に徐々にじわじわと増えているようだ。そのなかで裁判を起こしたのは海老名が日本初となる。負けられない裁判だ。次回も傍聴席から溢れるくらいの支援者が集まってほしい。

満席の原告団

満席の原告団

原告代表マネキンフラッシュモブ@かながわの朝倉さん

意見陳述を行う原告代表マネキンフラッシュモブ@かながわの朝倉さん

弁護団意見陳述を行う相曽弁護士

弁護団意見陳述を行う相曽弁護士

熱弁を振るう大川弁護士

熱弁を振るう大川弁護士

スクリーンショット 2016-08-08 12.59.02スクリーンショット 2016-08-08 12.58.37スクリーンショット 2016-08-08 12.58.19スクリーンショット 2016-08-08 12.58.51

[経緯等詳細は続報いたします。とりいそぎこちらをごらんください]
#マネキンフラッシュモブ@かながわ
https://www.facebook.com/groups/527943907393701/
第1回口頭弁論
https://www.facebook.com/events/180379032376777/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Archives

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。