Action Kanagawa

ホーム » ニュース » 表現の自由 勝訴!

表現の自由 勝訴!

[速報]フラッシュモブ禁止認めず 海老名市の命令取り消し(カナロコ)
http://www.kanaloco.jp/sp/article/236331

〈時代の正体〉海老名市控訴せず フラッシュモブ禁止取り消し(カナロコ)
http://www.kanaloco.jp/article/236965

Facebookイベントページ【地裁前モブ★判決傍聴★報告集会】
https://www.facebook.com/events/224158414657179/

(↓クリックで拡大表示)

昨日(3月8日)とりあえず報告させて頂いた「海老名駅前自由通路訴訟」
(マネキンフラッシュモブ)判決につき改めて報告させて頂きます。

今朝(3月9日)の新聞報道
毎日、読売、神奈川、東京、赤旗
私の知る限り5紙です。
「多数の歩行者の安全で快適な往来に著しい支障を及ぼす恐れが強いとは認められない」として、海老名市が出した禁止命令の取り消しを求めた裁判です。

報告集会で「全面勝利」を言った時、会場は割れんばかりの拍手と喚声。
中には抱き合って喜ぶ姿もありました。

会見で原告の何人かは泣いていました。

実を言いますと前回の口頭弁論が短時間で結審。
その過程から、判決は「負け」をイメージしていました。

12時30分からのプレ集会でも、ほとんどの人が敗訴を思っていたと思います。
ある方と私は「不当判決を許さないぞー」と叫ぶつもりでした。

抽選会がありました。帽子、ワッペン等の取り外しに抗議する一幕もありました。私も殺気だった気分でした。

判事が主文を読み上げ少し理由を述べ閉廷。

最初は何が起きたか理解できずに報告集会場に向かいました。

そこでの説明で皆が正確に理解し、\(^-^)/となりました。

原告も弁護士も予想外の「画期的、全面勝訴」という結果でした。

ここからが今日のメールの本題です。
市側が控訴しなければ確定します。 (※3月10日、海老名市は控訴をあきらめ勝訴が確定しました)
この闘いは単に原告の勝利ではなく、全国津々浦々で地道に行動している多くの仲間に限りない力を与えたものと思います。

政治団体が表現の自由、言論の自由に圧力じみたものをかけてくる中、この司法判断は大きな意味をもつと思います。
表現の自由、言論の自由を認めたという点で極めて重要な勝利です。

全国の仲間に知らせましょう。
最初に書いた新聞五紙の内赤旗以外は全国版ではありません。

多くの仲間に知らせましょう。
可能な限り事実を拡散しましょう。
全国各地に届くように心から願っております。

駄文多謝。
よろしくお願いいたします。(草野)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Archives

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。